高性能帯電防止剤

PR-IL1汎用帯電防止剤(イオン性液体)

エノスタットPR-IL1は溶剤可溶性の経時安定性に優れた添加型帯電防止剤です。各種塗料、インキ、UVハードコート、各種樹脂などに数%配合する事により10乗前後の高性能帯電防止効果を発揮します。

特徴 ・帯電防止の経時安定性が良好
・少量で効果が発現
・透明性良好。
・湿度依存性が少ない。
・各種汎用溶剤に溶解可能
・アクリル、エポキシ塗料、粘着剤、接着剤用などに応用可能。
・樹脂練り込み使用も可能(各種樹脂、ウレタンなど)
基本性状 外観:透明液状
粘度:10mPa・s以下
揮発性:殆ど無し
引火点:200℃以上
溶解度:一般有機溶剤に可溶

帯電防止効果の例

●アクリル系粘着剤適用例

PR-IL1添加量
(対固形分)
表面抵抗値
(Ω/cm2)
透明性 粘着性
1% 2×1011
3% 1×1010
5% 1×109
cf. 未添加 5×1015

・アクリル系粘着剤(S社製) ・サンプル作成法
PETフィルム上に所定量の粘着剤溶液をコーティング後、100℃×5分乾燥後評価した。
膜厚:約10~20μm 

UVハードコートへの添加効果。(多官能アクリレート組成)

PR-IL1添加量
(対固形分)
表面抵抗値
(Ω/cm2)
灰付着試験
1.0% 1×1011 なし
5.0% 5×109 なし
(比較)       0%(未添加) 1×1016 あり
他社界面活性剤(1.0%添加) 5×1013 あり

LIGL 水系、溶剤系帯電防止剤

特徴 ・水可溶性
・各種汎用有機溶剤に可溶
・各種樹脂への練り込み、添加型帯電防止剤として利用可能
基本性状 有効成分:100%
外観:淡黄色液状

帯電防止効果の例

アクリル系粘着剤適用例

PR-IL1添加量
(対固形分)
表面抵抗値
(Ω/cm2)
透明性 粘着性
1% 2×1011
3% 4×1010
5% 5×109
cf. 未添加 5×1015

・アクリル系粘着剤(S社製) ・サンプル作成法
PETフィルム上に所定量の粘着剤溶液をコーティング後、100℃×5分乾燥後評価した。
膜厚:約10μm

ウレタンエラストマー樹脂への添加効果

PR-IL1添加量
(対固形分)
表面抵抗値
(Ω/cm2)
灰付着試験
1.0% 1×1010 なし
5.0% 1×107 なし
(比較)       0%(未添加) 1×1016 あり
他社界面活性剤(1.0%添加) 5×1013 あり

*1 混合条件
ウレタンエラストマー樹脂、帯電防止剤を溶剤(DMF)に溶解後フィルム状に成形。

LITGLの帯電防止効果特徴

・無色透明なため着色が全く無い
・Liイオン伝導性の為湿度依存性が少ない。
・材料の安定性が良好な為経時安定性良好。
・熱安定性良好で着色が少ない。
・水系にも適用可能

LISI UVハードコート用

特徴 ・各種汎用有機溶剤に可溶
・各種樹脂への練り込み、コーティング剤添加型帯電防止剤として利用可能
基本性状 有効成分:80%
外観:淡黄色液状

帯電防止効果の例

アクリル系粘着剤適用例

PR-IL1添加量
(対固形分)
表面抵抗値
(Ω/cm2)
透明性 粘着性
1% 2×1011
3% 4×1010
5% 5×109
cf. 未添加 5×1015

・アクリル系粘着剤(S社製) ・サンプル作成法
PETフィルム上に所定量の粘着剤溶液をコーティング後、100℃×5分乾燥後評価した。
膜厚:約10μm 

UVハードコート樹脂への添加効果。

LISI添加量
(対固形分)
表面抵抗値
(Ω/cm2)
灰付着試験
1.0% 1×1011 なし
5.0% 1×108 なし
(比較)       0%(未添加) 1×1016 あり
他社界面活性剤(1.0%添加) 5×1013 あり

*1 混合条件
ウレタンエラストマー樹脂、帯電防止剤を溶剤(DMF)に溶解後フィルム状に成形。

LITGLの帯電防止効果特徴

・無色透明なため着色が全く無い
・Liイオン伝導性の為湿度依存性が少ない。
・材料の安定性が良好な為経時安定性良好。
・熱安定性良好で着色が少ない。
・水系にも適用可能

事業内容

ウレタン関連

合成ゴム関連

タンクローリーパーツ関連 化研産業の強み