導電性ポリマー導電性高分子

ポリエチレンジオキシチオフェン(PEDOT)

項目 高導電性PEDOT水溶液 PED500
基本性状 外観:濃青色水性溶液
固形分:約1.0%
溶剤:水
pH:中性
粘度:cps 約20~30

コーティング例(易接着PET)

評価項目 表面抵抗値(Ω/□)*1 膜厚 約0.05μm
試作品名 1×103 >

基材:PETフィルム。 
コート法:バーコーターで溶液塗布後約80℃×5分乾燥。 
コート液:原液/アルコール(=50:50)希釈溶液
(評価方法)
*1 表面抵抗計で測定(温度25℃、湿度50%)

ポリアニリン

項目 リアニリントルエン溶液 PANT
基本性状 外観:濃緑色液体
固形分:4-5%
溶 剤:トルエン、他

コーティング例(易接着PET)

評価項目
表面抵抗値(Ω/□)*1   膜厚 約0.3μm
表面抵抗値(Ω/□)*1   膜厚 約1.0μm
耐水性 *4

基材:PETフィルム。 
コート法:バーコーターで溶液塗布後約130℃×3分乾燥。 
コート液:トルエン溶液
(評価方法)
*1 表面抵抗計(TR-3)で測定(温度25℃、湿度50%)
*2 可視光透過率を測定
*3 セロテープ剥離により塗膜の剥がれ具合を目視観察。 ○は剥離なし。
*4 水を湿した綿で10回擦った後抵抗値測定。○は変化なし。

溶剤可溶性ポリピロール

商品名 SSPY:ポリマー(3-メチル-4-ピロールカルボン酸エチルと3-メチルー4-ピロールカルボン酸ブチルの共重合体。)
10%DMAc溶液

TCNA:ドーパント(2,3,6,7-テトラシアノ-1,4,5,8-テトラアザナフタレン)
10% DMF/トルエン溶液
使用法 コーティングの場合
・SSPY: TCNA =3:1 を良く攪拌混合する。
・基材に所定量コーティング後乾燥する。
・乾燥条件:130℃×3分
・エージング:100℃×1時間
(なお、乾燥、エージング条件はあくまで推奨条件です。)
物性 融点/SSPY:175℃  TCNA :370℃
溶媒/DMF, THF, NMP, DMAc など。
特徴 ・各種有機溶媒に可溶
・保存安定性良好(溶液中3年の実績)
・SSPY溶液のpH: 中性
・コートフィルムの表面抵抗値: 107 ~ 1010 Ω/□ 調整可能
・SSPY自身の強靭で柔軟なフィルム。基材に接着性良好。
・経時安定性良好
・導電性の湿度依存性なし
用途例 ・帯電防止コーティング材
・熱転写シート
・導電性インキ
・半導電性シームレスベルト
・ITO-ポリピロール ナノコンポジット
・制電剥離テープ

SSPYフィルム特性

組成 グレード SSPY SSPY改良品
ドープ剤 TCNA TCNA
導電率(S/cm) *2 約5×10-2 約1×101
熱分解開始温度(開放下 ℃) *3 175 175以上
熱分解開始温度(密閉中 ℃) *3 220 220
引張強度(kg/cm2) *4 766 約600

*1 測定膜厚15~30μm。 なお、本データは代表値であり値を保証するものではありません。
*2 ドープ剤の添加量により調整可能
*3 昇温速度5℃/minでのTGAによる分析値
*4 測定法 JIS C2018に準拠

各種基材へのコーティング例

溶媒 安定性
2N塩酸
2N苛性ソーダ
2.5%アンモニア水 ×
メタノール
エタノール
トルエン
アセトン
酢酸エチル

安定性:48時間浸した後の膜の状態変化
◎:変化なし ○:膨潤 △:膨潤大 ×:導電率低下
* 湿潤環境(30日間/25℃85%RH)中での導電率の変化はなし

事業内容

ウレタン関連

合成ゴム関連

タンクローリーパーツ関連 化研産業の強み